つなぐ通信:大人がときめく、生き方マガジン

つべつ町取材日記<シゲチャンランド編>

投稿日: 2016/09/15

津別町取材は、7月9日(土)〜12日(火)の
3泊4日で行われました。
編集長・成田、副編集長・首藤、
デザイナー・辛嶋のいつものメンバーと、
カメラマンは大社(おおこそ)さんという、
オール女性スタッフ。
そこに今回の津別町企画のきっかけを作ってくれた
コーディネーターの仲尾さんと、
津別町役場の高橋さん、田古(たふる)さんも加わる
『つなぐ通信』としては大所帯。

IMG_2097
・・シゲチャンランドで大西さんやココさんと記念写真・・

連日びっしりのスケジュールで、
車2台で、津別町を駆け巡りました。
誌面には入りきれなかった、面白い話や津別町の魅力を
ぜひお伝えしたいと、
「つべつ町取材日記」をスタートさせることに。
まずは7月12日の最終日に訪れた
「シゲチャンランド」です。

DSC_0945
・・入り口でチケットを購入。販売するのも大西さんです・・

「シゲチャンランド」は、
アーティストの大西重成さんが
2001年、故郷の津別町に開設した私設美術館です。
70年代・80年代の大西さんの活躍ぶりを知っている
デザイナーの辛嶋さんは
「え〜っ、本当にあの大西さん!!」と大興奮。
リスペクトしている大先輩ですので、
会うのをとても楽しみにしていました。

_MG_0867s
_MG_0972s
・・インタビューも弾みます!(撮影:大社カメラマン)・・

この日は最高に晴れ上がった真っ青な空と、まぶしい緑、
そして「シゲチャンランド」の真っ赤なハウスが
実にエキゾチック!心躍ります。
しかも大西さんの数え切れないほどの作品は、
私たちの想像を超えたクォリティの高さと面白さ!
スタッフ全員、取材も忘れ、
ハウスを夢中に歩き回って、興奮しっぱなしです。

DSC_0951
DSC_0987
DSC_0966
DSC_0963
DSC_0962
ここは牧場跡地をリノベーションして作ったミュージアム。
最近では見られなくなったサイロや、
倉庫などが利用されています。
各ハウスには「目」「口」、「右手」「左手」など、
体の一部の名前がつけられています。

DSC_0989
DSC_0978
DSC_0030_01
DSC_0028_01

とにかく発想が豊かでユニーク。
朽ちた木材や骨などの自然素材だけではなく
缶やピンの蓋、ビニールボールなど
「えっ、こんなものが!?」というガラクタが
大西さんの手にかかると、
とんでもない“イキモノ”になってしまい、
まさに「ヤラレタ〜」なのです。
大人もお年寄りも、顔が緩みっぱなし。
本当に素敵なワンダーランドです。

DSC_0948
DSC_0947

大西さんが考案したユニークなものが「卓上慰霊碑」。
お墓を手に入れにくい時代なので、
インテリアにもなる“ハンディタイプのお墓”を
思いついたのだといいます。
生前に用意していただくもので
正面に本人の写真プレートを差し込み、
中の方には思い出の品などが入れられるようになっています。
「予約いただければ、丹精込めて作りますよ」
「ペット葬にも向いているかもしれませんね。
もっと本気になったら商売になるんでしょうけどね(笑)」
そういう“商売っ気”が、
大西さんの苦手なところかもしれません。

DSC_0046_01
DSC_0045_01

今回の取材で大西さんがずっと手にしていたのが
手作りの大きなパイプです。
くるみの木で作ったもので、くるみは硬く油分があるので
使うほどに光沢が出てくるといいます。
握りやすそうで、いい味を出しています。

DSC_0993
畑や森が広がる緑がまぶしい奥の敷地にも
まるで“お堂”のような「耳(Ear House)」や、
「骨(Bone House)」と名付けられたハウスがあります。

DSC_0996
DSC_0997
・・ランドの顔「ひょうたんオヤジ」がいっぱい!・・

DSC_0004_01
・・骨アートが集まった「ボーン・ハウス」・・

DSC_0005_01
DSC_0009_01
DSC_0013_01
DSC_0014_01
・・「骨」がこんな摩訶不思議なイキモノになるなんて!・・

こういう「きれいな骨」にするまでの作業も大変なようですが、
大西さんは、「生きることも死ぬことも受け入れる
“リアリティ”が面白い。それが『生きる力』であり
『創作の力』になる」といいます。

DSC_0025_01
DSC_0022_01
DSC_0023_01
DSC_0024_01

「シゲチャンランド」で、スタッフが感動したのが
真っ赤な“おもちゃの家”のような「トイレ」です!
中に入るとまるでホテルのようなしつらえで、
ハンドタオルが1枚1枚きれいに置かれており、
しかも「和」のテイスト。
「シゲチャンランド」の“おもてなし”です。
なんかこのゆったりした空間で
お茶を飲みながら、ずっと過ごしていたくなります。
これは、大西さんの奥さんのココさんの好みらしいです。

tbt4_483s
・・大西さんとココさん。素敵なご夫婦です!
(写真:大社カメラマン)・・

DSC_0027_01
・・ランドの手入れ道具がたくさん!・・

「シゲチャンランド」は、約8,000坪の敷地に
14のハウスがあり、ほとんど大西さんと奥さんのココさんの
2人で手入れをし、運営しています。
草刈り、虫取り、雪かきなど、やることは山ほど。
長年のハードワークで、
体にも障害が出てきているようですが、
お互いいたわりつつ、暮らしています。
ココさんに猛アタックして結婚したという大西さん、
二人はお互いなくてはならない最愛のパートナーです。
こんな夫婦でありたいな、こんな風に歳をとりたいな・・・
ここはシゲチャンとココさんのパラダイス。
「また来たい!また会いたい!」
みんながそう思って「シゲチャンランド」を後にしました。

_MG_1013s
・・「シゲチャンランド」の看板のようなところで、
最後に記念写真!(写真:大社カメラマン)・・



【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ