つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

「亀の子束子」が愛される理由

投稿日: 2014/09/16

『つなぐ通信』Vol.7秋号「クールジャパン特集」の
「工場・工房探訪」では、創業明治40年(1907)の
『亀の子束子』を訪ねました。

(1)DSC_0082

北区滝野川の本社は、うっかりすると
通り過ぎてしまいそうな、民家のような小さな洋館。
大正11年頃に建築された、
建築ファンにも愛されている建物です。
正面はショールームを兼ねたショップになっており
2007年にはテレビ朝日の『ちい散歩』で
地井武男さんも訪れました。
ふらっと入りたくなる気持ちが、よくわかります。

誌面だけでは伝えきれなかった
亀の子束子西尾商店のお宝や、
タワシの魅力をお伝えします。

(2)DSC_0200
・・・社長室には地井さんの絵が飾られていました・・・

(3)DSC_0088
・・・入口では様々な“亀さん”が迎えてくれます・・・

私たちが取材に伺った時はドアに鍵がかかっており
よく見たら「12時から1時は昼休み」の木札が。
今どき “昼休み”のあるショップがあるなんて
なんか嬉しくなります。
亀の子束子西尾商店では、
明治からゆったりと時間が流れているようです。

(4)DSC_0089

社長室には、歴代の社長の写真とともに
創業者・西尾正左衛門の妻、やすさんの写真が
掲げられています。
亀の子束子が生まれるきっかけをつくった立役者です。

(5)DSC_0196
・・・・左から創業者の初代社長・西尾正左衛門翁、
2代目西尾慶太郎氏、3代目西尾康太郎氏、
右端が初代社長の妻・やすさん。
5代目現社長は4代目・西尾松二郎氏の息子の西尾智浩氏・・・・

アイディアマンだった正左衛門は、
棕櫚(しゅろ)を針金で巻いた足拭きマットを考案。
しかし好調な売上だったマットに欠陥が見つかり
大量の返品が来て苦しい生活を強いられてしまいました。
あるとき妻のやすさんが、返品されたマット用の
棕櫚の棒を曲げて掃除をしているのを見て、
ひらめいたといいます。

「亀の子束子1号」の誕生です。

形が亀に似ていることや
亀は長寿で縁起もいいということで
『亀の子束子』と命名されました。
大正4年(1915)7月2日に特許を習得し、
この日は「たわしの日」として、
毎年イベントを開催しています。

(6)DSC_0111
・・・・手前が亀の子束子以前の縄の「たわし」・・・・

(7)DSC_0118
・・・最初の亀の子束子は棕櫚で作られました。現在はパームヤシ・・・

それまで「たわし」と呼ばれていたものは、
藁や縄を束ねて棒状にしたもので、棕櫚のタワシとは
雲泥の差があります。
創業時に開発された亀の子束子は、パーフェクトに近く
明治から平成の今日に至るまで100年以上も
同じ名前、同じ形、同じ品質、同じような手づくりで
作り続けている超ロングセラー商品となっています。

(9)DSC_0194
・・・・創業時からのタワシの変遷。
大正8年(1919)からは包装したタワシを発売・・・・

(10)DSC_0193
・・・・亀の子束子の創業時からのお宝が
社長室に飾られていました・・・・

(8)DSC_0145 2
・・・昔の包装は紙を立体的に折り込んだもの。
もうこのような手間のかかった包装はできなくなりました・・・

(11)DSC_0201
・・・・市場に価格の安いタワシが現われても
亀の子束子は低価格競争には巻き込まれずに、
常に「いいものである」ことを訴え続けました・・・・

(12)DSC_0197(13)DSC_0175
・・・・当時のポスターのデザインが現在の紙袋に使用されています・・・・

パッケージは創業当時と同じデザインですが、
現在の素材はプラスチック系で後ろが透けた
デザインになっています。

(14)DSC_0103
・・・・亀の子束子1号に始まり、3号4号と
大きさにより号数がつけられています・・・・

事業は順調に国内外へと拡大していきます。
しかし、当初は類似品も多く出回り
それと区別するために包装紙に
「亀」の透かしが入れられました。
その名残りが現在のパッケージにもあります。

(15)DSC_0128
・・・パッケージに類似品防止の透かしが入って
いることを西尾智浩社長(右)から説明していただき、
驚く『つなぐ通信』デザイナーの辛嶋さん(中)と
カメラマンの貝塚さん(左)・・・

(16)DSC_0130
・・・早速パッケージの透かしを
撮ろうとしましたが、意外に四苦八苦!!・・・

(17)DSC_0125
・・・・亀の子の透かし見えるかな?(丸いマークの右下)・・・・

新商品も開発されました。
大ヒットとなったのは昭和42年(1967)開発された
靴洗いの『ジャンプ』。
スニーカーを洗うタワシとして「あった、あった!」と
思い出す人も多いはず。
今なお現役ロングセラーですが、これをさらに改良し
側面にかどがついて、狭いところも洗いやすくした
『柄付きたわし極〆(きわめ)』シリーズも開発。

(18)DSC_0106
・・・・大ヒット&ロングセラーの『ジャンプ』・・・・

(19)DSC_0105
・・・Sカット、Vカットなど、かどのあるカットが特徴の
『柄付きたわし極〆』シリーズ・・・

グラスや茶渋の付いた茶碗などには
針金をねじり込んでツイスト型にして
洗いやすくした『よりどころ』、
昭和59年(1984)にはボディ用のタワシを開発。
かたさや形状により、
開発時の社員の名前が付けられています。
色の白いサイザル麻のタワシは、
色白社員の佐藤さんからのネーミングで
『サトオさん』という具合。
これは4代目社長のアイディアのようです。

(20)DSC_0108
・・・・ボディ用タワシ・・・・

“たわし屋”ならではのスポンジ
『スポンジ束子極〆』も開発されました。
研磨素材を張り合わせたものではなく
ややスポンジの目が粗い発泡素材で
張り感と泡切れの良さを出しています。
しかも抗菌作用のある銅イオンを塗装しているため
雑菌を寄せつけず、食器を傷つけず
丈夫でへたらないという優れものです。
この尖った形と、ごしごしできる硬さが
使い勝手がいいのです。

(21)DSC_0094
・・・・色の違う部分には、抗菌剤が塗装されている
『スポンジ束子極〆』・・・・

最近のヒットはなんといっても『白いたわし』です。
モダンなキッチンにもマッチするようにと
開発された白いタワシで、
ベーグルのような穴開きの丸い形が特徴。
天然のサイザル麻を使用した、
柔らかく手に吸い付くようなタイプと、
パームヤシの実繊維を過酸化水素水で脱色した
ホワイトパームの2種があります。
安全で環境にも優しい漂白剤を使用しています。

(22)DSC_0101
(23)DSC_0097

『白いたわし』はテレビで紹介され、
ホームページが炎上してしまったというくらい、
ブレイクしているタワシです。
しかし、作り方が大変難しい職人泣かせのタワシで
量産が難しく、現在販売しているのは、
オンラインショップと、東急ハンズの限られた店舗のみ。
(滝野川の本社ショップでも販売)

(24)DSC_0104

亀の子束子の製品には4つの使い方のポイントがあります。
① 張り感と硬さのある「パーム束子」は、「点」で洗います。
繊維の頭の部分で「掻き出す・こすり取る」ので、
ザルなどの汚れ落としに向いています。

②強度と柔軟性をもった「棕櫚束子」は、「腰」で洗います。
これでないとダメという料理人さんも多く、
木のまな板、ホーロー、ステンレスなどに向いています。

③「スポンジ束子」は、「面」で洗います。
お皿などの平らな面が得意です。

④「サイザル麻束子」は、「線」で洗います。
水に浸けるととても柔らかくなるので、
タワシとスポンジのいいとこ取りのような素材です。

(25)DSC_0191
・・・2012年の社長就任記念に送られた亀の子束子1号・・・

5代目の西尾智浩さんは、4年前に40代半ばで入社。
ミュージシャンからの転身で、2012年に社長就任という、
驚くような早さの抜擢です。
実は父親の4代目松二郎さんも元ジャズマンで
二人とも音楽の道を歩んでいました。
松二郎さんは26歳で入社しましたが、
兄である3代目社長・康太郎氏の急死により58歳で社長就任。
長男が継いできた亀の子束子西尾商店ですが
ここで軌道がずれて、次男家系に流れてきました。

(26)DSC_0192
・・・・亀の子束子1号が、2013年
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。
もっと早くもらってもいい賞ですが…・・・・

5代目社長は「僕が社長になったのはアクシデント(笑)」
と冗談めかしますが、実はそうではなかったようです。
「音楽の世界も亀の子束子西尾商店の社長業も
業界は違っても、リーダーシップをとり、
大人数をまとめてひとつの目標を達成する
という点では同じ。社員の能力を引き出し、
最後の責任はきちんととるのが
社長のやるべきことだと思ったんです」
と語るように、人を惹き付ける魅力と
リーダーシップを持っている方だからこそ
社長に抜擢されたのではないかと思いました。

(27)DSC_0182
(28)DSC_0190
・・・エントランスに本社の従業員が勢揃い。
貝塚カメラマンは相変わらずの仕切り上手です!・・・

創業100年以上の歴史を持つ
知名度が高い老舗メーカーですが
従業員数は、本社、和歌山、新潟を入れて
40人足らずといいます。
「誰がどこにいるのかほとんどわかる。
個性がわかりやすいんです(笑)」
地元出身者も多く、
老舗独特のゆったりとしたファミリー感が、
“亀”のように、ゆっくりとこつこつと
百年ブランドを築いてきたのかもしれません。

その精神は創業以来パッケージに書かれている
「一粒選りの品質が最高の価値」を
ひたすらに貫いている“たわし屋”としての
プライドであるのは間違いありません。

【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ