つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

「藍工房」代表・竹ノ内睦子さんの夢(Vol.3)

投稿日: 2014/01/10

『つなぐ通信』冬号(Vol.4)の「大人のまち物語」で
書ききれなかった「藍工房」代表・竹ノ内睦子さんのことを
もう少しお話したいと思います。
竹ノ内さんが淡々と話す障害者との歩みには深い感動を覚え
小さなことでうじうじしている自分に
「私もがんばろう!」という大きな力をもらいます。

DSC_0076 2
・・・・藍工房のことを説明してくださる竹ノ内さん・・・・

自閉症の子供は、エネルギーが溢れているのだといいます。
「暴れたり、穴をあけたり、ガラスを割ったりしても
私は全然平気なの。壊れたものは直せばすむことだし…
○○君、それですっきりしたのって聞くの。
でも、決していい顔はしていないのよね。
そのあり余ったエネルギーを制作の方に向けたり
みんなに“ありがとう”と言われると
暴力を振るわなくてすむのね。
暴れたりするのはひとつの表現であって
言葉で表現することができないからなの。
私たちが、彼が何を表現したいのか、何が欲しいのかを
受け取れないからだと思うの」。

DSC_0081
・・・・2013年6月14日にお母様の誕生会に家族でご利用された
安倍総理と記念写真。ウエイトレスになる夢がかなったはるかさんが
安倍首相の隣りにいます・・・・

DSC_0082
・・・・2013年5月23日に開催された
「安倍総理と障害者の集い」が切っ掛けで
安倍総理が『アンシェーヌ藍』を訪れることになりました・・・・

藍工房で制作を始めると、半年くらいで
制作の方にエネルギーが切り替わっていくのだといいます。
「人間って、心地いいものの方を選ぶのね。
作品を買ってくれた方が
良かったよ、大切にするって言ってたわよ。
またあなたに会いにきたいと言ってたわよ。
とか話してあげると、もう暴力的なことはなくなるの。
暴力的なことは、自分を分かって欲しいというサインなの。
それを分からない職員が、羽交い締めにしたり
“しょうがない人だ”と言ったりするけど
決してしょうがない人ではないんです。
受け止め方なんです」

DSC_0148
・・・・三軒茶屋の裏通りにある『アンシェーヌ藍』
入口が分かりにくい2階にあるので、
まだまだ知らない方も多い・・・・

DSC_0164
・・・・木曜日にはハープの生演奏を聴きながら
ランチができます・・・・

竹ノ内さんは家族が手に負えなくなった障害者の方と
一緒に暮らしたり、自らグループホームの当直もします。
いつでも竹ノ内さんを頼って来られるように
ドアには鍵をかけていません。
「ドア開いているから、
死にたくなったらいつでもいいから絶対おいでね」
二晩か三晩一緒の部屋に寝ると、自殺から逃れることが
できるのだといいます。
辛い経験をしたからこそ、そうしてきました。
常に仕事とプライベートの境がない毎日ですが、
しかし決して無理はしていないのだといいます。

「今日は夫婦喧嘩してきたから私に近寄らないで」というと
「まあまあそういわないで」とコーヒーを運んで来てくれたり、
「今日は一銭もないからお金のことは言わないで」というと
「私ごちそうしてもいいですよ」って。
「それはステキですよ(笑)」と
竹ノ内さんは楽しそうに話してくれます。

DSC_0060
・・・・東京會舘でシェフを務めた尾原寛さん(左)を調理長に迎え
料理やテーブルマナーを指導していただきました。
それ以外の調理人やホールスタッフのほとんどは障害者です・・・・・

DSC_0068       DSC_0073
・・・・「藍ランチ」¥1,365(下)は2種類のメニューがあり、
ちょっとゴージャスな「ラベンダー」¥2,415(上)もあります。
いずれもサラダ、スープ、デザート、パン、コーヒーのコースメニュー・・・・

「私も車椅子で生活しているから
障害者の子達は私のことを“横並び”で見るのね。
車椅子を押すことで私の役に立っているし
私をケアしてくれている。
私の中では“上から目線”がないのよ。
いつも本音で言えるから…だから続いている。
ホームに宿直しても、今日は疲れているから
みんな自分でやってね…そんなかんじ。
なかなかいいもんですよ(笑)」

まだまだ竹ノ内さんのインタビューで
みなさんにお伝えしたいことは山ほどありますが、
竹ノ内さんの活動の30年を綴った
『障害者の夢に夢を重ねて』天野寛子著(ドメス出版)も
ぜひ一読をお勧めいたします。

IMG0001
・・・・『障害者の夢に夢を重ねて』天野寛子著(ドメス出版)・・・・

2013年12月3日、竹ノ内さんと障害者のメンバー40人が、
NY国連本部で開催された国際障害者デーに参加しました。
竹ノ内さんはそこでスピーチをされ、
メンバーの作品展も開催されました。
実は、『つなぐ通信』の取材撮影日に、竹ノ内さんから
病気が再発し、NYから帰ってきたら手術をすることを伺い
本当に驚きました。
国連でのスピーチの様子をビデオで拝見し、
体調が最悪の中、よくあのような大役を務められたと
感動いたしました。
その後手術も終わり無事退院されたと伺い
胸をなで下ろしていますが
まだまだ竹ノ内さんには元気で頑張って欲しいと
多くの方が願っています。

DSC_0158
・・・・オリジナルのクッキーやパスタも販売されています・・・・

竹ノ内さんの夢は障害者の夢を叶えること。
『つなぐ通信』やこのブログを機会に
フレンチレストラン『アンシェーヌ藍』
「藍工房」の素晴しさをもっと多くの方達に
知っていただければと思っています。
私たちが利用することで得られた利益が、
スタッフのお給料に跳ね返り、
それは自立のための大きな力となります。
もちろん料理の味も、作品のクオリティも申し分ありません。

【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ