つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

魯山店主・大嶌文彦と作家たち/ガラス作家:小澄正雄

投稿日: 2013/10/02

西荻窪の『魯山』は「和のテイスト」の食器屋です。
たまに、アンティークの洋皿もありますが
染め付けのように「和のテイスト」を感じるものです。
しかも食器といってもほとんどが陶磁器。
ガラスはほとんどありません。

店主の大嶌文彦さん曰く「日本は焼き物大国なので、
ビジネス的にみても焼き物が売れる。
ガラスの需要は少ない」ということもありますが、
ガラス作家というと「洋ガラス」が多く
和のテイストの『魯山』とはあわないというのも
大きな理由です。

DSC_0160

DSC_0158
・・・「内田好美 小澄正雄 展」2013年7月27日〜8月4日開催・・・

これは「洋ガラス」でないと高く売れないという
日本のマーケットにも原因があるようです。
ガラス作家は、北欧ガラス、ベネチアンガラス、
カットガラスなど洋ガラスを目指すのが主流。
これまで何人かのガラス作家が
『魯山』を訪ねましたが
「展示会」というまでには至りませんでした。

ところが、大嶌さんが一目見て気に入った
ガラス作家がいます。
小澄正雄さんです。
「ガラス作家と話しても“振れ幅”が違う。
自分は日本の食卓にあうものが欲しかった。
そんなものはないと思っていた時に小澄に出会った」

DSC_0151
・・・・大嶌さん(左)と小澄さん(右)・・・・

大嶌さんは、作家と初めて会うときは
「脳みそと向き合う」といいます。
作品の善し悪しは二の次で
「こういうものを作りたい」という意識が
はっきりしていることが大事。
「大嶌がそういうからやってみようかな…では
作家に近づけない」のだと。
小澄さんと話し、大嶌さんはすぐに
「洋ガラスの脳みそとは違う」と感じました。
そして「和ガラス」と命名。
出会って半年で展示会の運びとなりました。
初めての展示会ということもあり、
陶芸家の内田好美さんとの二人展です。

DSC_0169
・・・・大嶌さんは「好美は魅力的でわけの分からないものを
作る子だ」といいます(右が内田好美さんの作品)・・・・

DSC_0134
・・・・小澄さんの和ガラスの瓶は、日本酒を入れるのにもちょうどいいなあと・・・・

大嶌さんが「和ガラス」と命名した
小澄さんのガラスの良さは
なんといっても「和食器にあうこと」です。
日本の食卓は「しつらえ」を大切にするので
「バカラ」ではだめなのだと、大嶌さんは力説。
今まで日本酒にガラスは合わないと
思われていましたが、
和食器に合うガラスだったら「売れる」
小澄さんのガラスだったら「いける」
そう判断したのです。

小澄さんのガラスは鉄分を含んでいるため
少し緑がかっているのが特徴です。
これは、ガラス作家にとっては「常識破り」
ともいえる「大きな賭け」。
ガラス好きは、クリスタルガラスのような
透明度の高いガラスを好む人が多いため、
すべての作品を純度の低い
「くすんだガラス」にしてしまうのは
とても勇気がいることです。
大嶌さんが出会ったことのないガラス作家でした。

DSC_0148
・・・・和食器とのしつらえも自然な和ガラス・・・・

不純物の入った小澄さんのガラスは、
懐かしいガラスの趣をもちながら
手にとると、実に薄く軽いのに驚きます。
とても繊細で洗練されているのです。
懐かしいだけのガラスではないのです。

小澄さんは最初からこのようなガラスを
制作していたのではありませんでした。
1979年生まれ。熊本県出身の小澄さんは、
富山ガラス造形研究所で学び、
その後東京の工房などで働き
現在は富山に工房を持ち制作しています。
受賞歴も多くあります。

当初は、西洋ガラスを作るのを当たり前と思い
ベネチアンチックなガラスや
北欧ガラスのようなモダンなガラスを
制作していたといいます。
ところが、あることをきっかけに
10年くらいやってきたものが崩れてしまいました。
2〜3年前にやっと自分のもの作りの方向を見つけ
納得できるものができました。
けど誰にも「いい」とは言ってもらえない…

しかし、小澄さんはいいます。
 
「もう元には、戻れないのです」
 

DSC_0132
・・・・しのぎを入れたグラス・・・・

小澄さんは、自分の作品を見てもらい、
意見を言ってくれる人を探していました。
大嶌さんを知り、アポ無しで『魯山』を訪ねました。
なかなか言い出せない小澄さんは
初めはお客さんとして店の商品を買い、
その勢いで自分の作品を見てもらったのです。

「僕は人からツカミに入る。
グラスを見た時にショックを受け、
この人間とは付き合おうと思った」

大嶌さんは、小澄さんが持参した
“しのぎ”のグラスを見て
これは型吹きガラスだとすぐ分かりました。
「こいつ、フツーではないな」
「なにか、凄いものにバーンと当たっていないと
こんな作品にはならない」
大嶌さんの疑問は、あとで小澄さんから
大きな転機となった「古唐津」の話し聞き、
腑に落ちたといいます。

DSC_0183
・・・・展示会前日、飾り付けにきていた小澄さん・・・・

「僕は小澄の脳みそを捕まえているつもり。
こういう子はなかなかいない。
小澄は自分の腹をくくっているから
僕が何を言ってもストンと入ってくる。
彼とは、遠くにいても気持ちが通じる。
僕はそういう人間と仕事がしたい」

雄弁な大嶌さんとは対称的に
自分のことを話すのが苦手な小澄さんですが
もの作りの概念が大きく崩れた理由を
語ってくれました。
小澄さんは以前、誰でも1〜2年で
それなりに作れる「陶芸」を
軽く見ていたといいます。
その点ガラスは作るのが大変で、
誰でも簡単に作家にはなれない。
そういう「上から目線」の時期が10年ほど続いた時に
「古唐津」の焼き物に出会い
とてもショックを受けたのです。
「“美しい”というものと、自分が目指し
“技術を磨いてきたこと”とは別のものだ
ということに気がついたんです」
 
DSC_0163
・・・・飲み干さないと下に置けない「べく杯」・・・・

それからというもの、自分のもの作りが見えなくなり
ガラスもやめようかと思いました。
一旦思考がフラットになった時に、
自分と向き合い、自分ができることから
積み上げていくことにしました。
鉄分の含んだガラスを使用したのも
このほうが、自分の「身の丈」に
あっていると思ったからです。

大嶌さんは「小澄はガラスに“しのぎ”を入れることで
脳みそが“和”になったと思う。
要素の引っ張り方が違う」といいます。
そのスイッチの切り替えをいち早くキャッチした大嶌さんは
小澄さんのガラスを「和ガラス」と名付け
きっちりと方向を示して、
独自の分野に据えたのではないでしょうか。

DSC_0139
・・・・きれいな音色を奏でていた風鈴・・・・

「小澄は自分の腑に落ちないモノは提案してこない。
納得したものを持ってくる。
若いけど、モノがちゃんと見えている。
モノを見ていないと、いいモノは作れない。
ちゃんと見えているから、
僕は彼をダメにするわけにはいかない。
魯山の魅力は、
小澄という作家の魅力でもあるんですよ」

大嶌さんは、作り手としっかり向き合い
真剣に売ろうとします。
作家と一緒に仕事をして、一緒に育っていきたい。
そして「一緒に儲けたい」のです。
 
 
【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ