つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

「藍工房」代表・竹ノ内睦子さんの夢(Vol.1)

投稿日: 2013/12/16

DSC_0097 2

障害者が働く本格フレンチレストランがあると知り
三軒茶屋の「アンシェーヌ藍」を訪ねました。
そこで障害者の自立支援のために作られた
藍工房」の代表であり「社会福祉法人 藍」の理事長でもある
竹ノ内睦子さんと初めてお会いしました。
ほとんど前知識もなく話を伺い
「こんな方がいらっしゃるのか…」と驚き、
そして感動でした。
冬号「大人のまち物語」では書ききれなかった
竹ノ内さんのことをもう少しお話したいと思います。

DSC_0065 2
・・・・竹ノ内睦子さん(アンシェーヌ藍にて)・・・・

竹ノ内さんは、初めてお会いする方にも
どんな立場のかたにも、とてもナチュラルに接します。
まるで古くからの友だちだったように
親しみを込めて話し続けます。
ガンに冒された自分の病気のこと、障害者との生々しい体験、
奇跡を起こしてきた事業の数々、そしてこれからの夢。

1981年、国際障害者年に脳性麻痺の小高恵子さんと出会い
「仕事がしたい、働く場がない」と訴えられたのが
すべての始まりでした。
「小谷さんの働く場所を作ろう」
当時普通の主婦に過ぎなかった竹ノ内さんの強い決心が
その後の人生を大きく変えました。

「人間は表現する動物だと思うの」
「表現ができなくなると、死にたくなる…」
「人間は表現しているときが一番楽しいのね。
何でもいいの!何でもいいの!」

障害者の仕事といえば、袋詰めのような単純作業や
分業でひとつのものを作る仕事が一般的だった時代でした。
竹ノ内さんは、障害者が「自己表現できる仕事」がないか考えました。
そこで辿り着いたのが「日本の伝統工芸」でした。

「障害がある無しに関わらず、素晴しい日本の伝統や文化を
次の世界に残していくべきだと思ったの」
「だからまず初めにここに楔(くさび)を打つことにしたの」

着目したのは日本の伝統技術でもある「藍」でした。

DSC_0128
・・・・・「藍工房」の藍瓶・・・・・

藍工房0070
・・・・・フィルムケースを利用して水玉柄を染めます・・・・・

藍工房_0067
・・・・・「人気でよく売れるんですよ」フィルムケースで染めた
水玉Tシャツを制作ボランティアさんが見せてくれました・・・・・

藍工房0083
・・・・・これから販売される藍染めに刺し子をした小物・・・・

藍工房0093
・・・・・ただいま刺し子の制作中!・・・・・

さらに大変な努力と時間を遣うのだから、
中途半端なもの作りではなく、
「世界を目指し、世界に認められる仕事をしよう!」
「仕事を持って世界に出て行こう!」
そういう気構えを持って、竹ノ内さんと小高さんは
徳島の本格的な藍染め工房に学びに行き
藍染めの勉強を始めたのです。
そして1983年、「藍工房」が設立されました。
今では、刺し子、組み紐、陶芸、さをり織りなども
行われるようになりました。

藍工房0086
・・・・・組み紐制作中!丸台のシールがカワイイ!!・・・・・

藍工房0084
・・・・・こんな素敵な組み紐ができました!・・・・・

藍工房0112
・・・・・こんな素敵なバッグができました!・・・・・

藍工房0103
・・・・・ご自分が制作したバッグを見せていただきました・・・・・

藍工房0098
・・・・・様々な素材や色で織り上げられた
さをり織りの洋服。色使いが本当にきれい!・・・・・

もうひとつの目標は、障害者それぞれ
みんな生きる思いは違うのだから“十束一絡”ではなく
「個人の夢を実現していこう」と掲げたことです。
「藍工房」ではマニュアル通り “やらせられる”のではなく、
基本は教えてもらいますが自分の考えで自由に表現します。
自分ができる範囲内の時間帯で、自分がしたいものを
自由に制作することができるのです。

1時間しかできない方、
レストランでは、ホールや調理のスタッフだけではなく
朝、掃除やセッティングだけして帰る方もいます。
決して無理をせず、ストレスを与えず、
できるところからステップアップしていくのです。
ここでは効率や利益追求よりも「人の気持ち」が大切なのです。

DSC_0093
・・・・・「アンシェーヌ藍」の店内でも「藍工房」の作品が
展示・販売されています・・・・・

そして、障害者が家族から自立して
地域の中で生活していくための生活訓練ができる場として、
グループホームも作ることができました。

この続きは、次回お話します。

【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ