つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

国立市長と一緒に飲んでインタビュー!

投稿日: 2013/03/15

_MG_6632-dummy
・・・・佐藤一夫国立市長(写真:貝塚純一カメラマン)・・・・
毎回魅力的なシニアにスポットをあててインタビューする
「ヴィンテージ・カフェ」の第一回は、
作家・山口瞳のエッセイ『男性自身』にも登場し
「ガマさん」の愛称で親しまれている佐藤一夫国立市長。
私たちは堅苦しい市長の顔ではなく
居酒屋文化を語る「ガマさん」の顔を取材したいと申し出ました。
できれば居酒屋なんかで…
市長は快くOK。
場所は山口瞳も行きつけだった府中の「うなぎ押田」を指定されました。

DSC_0023DSC_0024
・・・・閑静な住宅街にある「うなぎ押田」・・・・
 
「うなぎ押田」は福島県に明治元年創業の本店がある老舗うなぎ店です。
居酒屋を想定していた私たちにはちょっと意外でしたが、
市長は「うなぎ屋で一杯」が好きなようで、そういう設定を望まれました。
とはいえ「お昼から飲んで大丈夫かしら…」
私たちの心配をよそに、なんとカメラマンを除き
スタッフ全員でお酒をいただくという(全員いける口で…)
超楽しいインタビューとなったのです。
 
DSC_0028
・・・・スタッフもお酒を頂いてのインタビューは、
笑いが絶えません・・・・
 
市長はこのところ休みもない忙しい日が続いていましたが、
この日はこれで公務は終わり。
だから一杯飲みながらのインタビューが可能という、粋な計らいでした。
映画『居酒屋兆治』のモデルとなった伝説の店「文蔵」や、
山口瞳との出会いがいかに自分を成長させてくれたかなどを、
失敗談も交え表情豊かに身振り手振りでお話しされ、
笑いの絶えないインタビューとなりました。(詳しくは本誌でご覧ください!)
 
DSC_0030
・・・・左はドラマ『居酒屋兆治』の台本。主役の英治役は映画では高倉健、
TVでは渡辺謙が演じました。真ん中は山口瞳著の『居酒屋兆治』の初版本。
すべて佐藤市長の所有・・・・
 
あっという間にとっくりがからになり、何本もテーブルに並んでいます。
こんな型破りなインタビューもアリなんだと知ったことは、大きな収穫。
佐藤市長は「裸の自分」をさらけ出せる、魅力的な人物でした。
自分の哲学や行動に筋を通しているからなのかもしれません。
あとで知ったことですが「うなぎ押田」の福島の本店は、
東日本大震災で被災し、福島のご両親が府中店に避難されているとのこと。
市長は実はとても心配りの方だということも知りました。
最後に…市長の申し出で、飲食代はすべて割り勘です。
これも凄い!
 
【文・写真:成田典子/市長の写真は貝塚純一カメラマン】
 
 

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ