つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

諏訪の手長神社の話Vol.1

投稿日: 2015/12/15

『つなぐ通信』Vol.12冬号の取材で訪れたのは、
来年、7年に1度の「御柱際(おんばしらさい)」が
開催される長野県諏訪地方。
メディアの影響もあり、「御柱」というと
「巨木に乗って坂から曳き落とす“危険な祭り”」
というイメージが多いのですが、
(私たちもそう思っていました…)
諏訪を愛する方から、
もっと根本的なことを伝えて欲しいとの
お話があり、この企画が始まりました。
まずは、諏訪の神事や歴史をよく研究されている
「手長神社」の宮司さんにお会いするために
9月の後半、上諏訪を訪れました。

P1760360-dummy
・・・手長神社、足長神社、八劔(やつるぎ)神社など
14の神社を兼務する宮坂 清 宮司さん(撮影:貝塚カメラマン)・・・

上諏訪駅から甲州道(国道20号)を5〜6分歩くと
諏訪郵便局があり、左手に大きな石の鳥居が見えます。
これが“手長さま”と地元の方に親しまれている
「手長神社」の「一の鳥居」で、その先には
気の遠くなるような長い石段の参道が続いています。
(タクシーで上まで行くこともできます♪)
鳥居の手前には、江戸時代から続く「精進湯」という
かけ流し温泉公衆浴場(市営)があります。
かつてはここで身を清めてから
神社にお参りしたといいます。

DSC_0044
・・・こちらは木の鳥居です・・・

DSC_0142
・・・9月末は紅葉がはじまりかけていました・・・

階段を上がっていくと車道に出て、
目の前にこんもりとした緑広がる
「手長の杜」があらわれます!

ここにも木の鳥居と手水舎があり、さらに石段は続き、
古木や巨木が見守る境内へと吸い込まれていくのです。
手長神社の石段は全部で243 段。
茶臼山(ちゃうすやま)の中腹にある「手長神社」は、
まさに“鎮守の杜”。
真向かいには聖なる山とされる守屋山がそびえ、
諏訪湖も眺望できる、見事なポジションです。
訪れた9月末〜10月後半は美しい紅葉が迎えてくれました。

DSC_0046
DSC_0052
・・・243 段の石段を登り終えると
見事な拝殿があらわれます・・・

お会いした宮坂 清宮司さんは、
神道や歴史研究者としても
知られている方で、お話し上手。
「手長神社にはニホンカモシカが出るんですよ。
牛か熊かと思いましたよ(笑)
茶臼山から降りてきたと思うのですが、
僕はすぐ写真に撮って、
社報の『てながの杜』に載せました。
タイトルは“珍客参拝”(笑)」

『てながの杜』は宮坂宮司さんが、
原稿、写真、編集、デザイン、すべてご自分で
手がけているもので、常にカメラを持ち歩いています。
境内の木々の変化、“珍客”も逃さずパチリ!
手長神社の社報は本当に面白く、
歴史好きにはたまりません。
そして神社と地域の関わりとは何かを教えてくれます。

てながの杜
・・・これが噂の“氏子総代バンド”・・・

『つなぐ通信』冬号では、手長神社の「神にぎわい」で、
おひねりが飛んで大喝采だった、氏子総代さんたちの
「親父バンド」のことを書きましたが、
それがこれ!原点は天岩戸の話です。

「手長の杜の神にぎわい。それは神々の笑いが、
太陽の神を誘った、底抜けに明るい我が民族の写し絵そのもの。
いつの時代も笑顔こそがこの世を明るくする最高の花」
宮坂宮司さんの文章もサイコーです!

DSC_0083
・・・ただいま撮影中・・・

DSC_0085
・・・宮坂宮司さんもパチリ!・・・

『つなぐ通信』の撮影時には、諏訪木遣保存会の
みなさんが来て、木遣りを鳴いてくれました。
木遣り名人、竹森笑子さんのかん高く、
強く透き通る声が神聖な手長の杜に響き渡ります。
美しい映像と一緒に心の隅々にも響き渡り、
魂が震える思いです。
貝塚カメラマンが、木遣りのみなさんを
たくさん撮ってくれましたが、
紙面の都合上1枚しか使用できませんでしたので
もう少しご紹介します!

P1750964-dummy
・・・おんべを高くあげて木遣りを鳴きます・・・

P1760015-dummy
・・・木遣り名人の竹森笑子さん・・・

P1760297-dummy
・・・木遣り保存会副会長の保科英明さん・・・

P1760332-dummy
・・・諏訪子湖に向かい鳴く宮坂政次さん・・・

P1760119-dummy
・・・(上5点撮影:貝塚カメラマン)・・・

巨木が多い手長神社は
パワースポットとしても有名らしく
樹齢500年という「延命の杉」があります。
梢を仰いで、三度深く息をすれば、
長生きできるといわれています。

DSC_0066
DSC_0067
・・・延命杉(今度は梢も撮影しよう!!)・・・

宮坂宮司さんが、特別に見せてくれたのが
普段はなかなか見られない場所の拝殿の建築彫刻です。
手長神社の拝殿は、
江戸の名匠 立川流の初代立川和四郎冨棟の作(1788年)。
火災に遭い修復されましたが
龍や獅子の一部などは残ったようです。
年輪や木目・節を見極めて自然のままを生かす技法は
和四郎ならではのもので、立川流の特徴になっています。

DSC_0066 2
火災のため黒くなっている部分の彫刻が凄みを見せる・・・

DSC_0103
・・・下からしか見えない、木目や節を計算した立川流の彫り・・・

DSC_0090
・・・『つなぐ通信』冬号の表紙を飾った和四郎作の龍・・・

DSC_0089
・・・一見、渦巻きのような貝の彫刻(下段の部分)・・・

宮坂宮司さんのお気に入りが、
拝殿の右奥に正面の華やかな彫刻とは対象的に
ひっそりと彫られているホラ貝、サザエ、アワビなどの貝類。
これが貝とはなかなか気が付きません。
海のない諏訪に、どうしてこのようなものを彫ったのか・・・
宮坂宮司さんの謎解きは続くようです。

もう一つ手長神社で注目してほしいのが「かじの葉」です。
諏訪大社のご神紋でもある「かじの葉」の話は、
次回お話します。

諏訪市観光案内図
http://www.suwa-tourism.jp/catalog/docs/07suwakanko_map.pdf

信州 諏訪観光ナビ
http://www.suwa-tourism.jp/


【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ