つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

【東京松屋】「江戸からかみ」の話

投稿日: 2015/03/16

『つなぐ通信』Vol.9春号は、
東京のものづくりを特集しました。
「東京松屋」さんは、江戸の元禄3年(1690)から続く
「江戸からかみ」の版元です。

_1520297-dummy
・・・東京松屋18代目の松屋利兵衛氏
(撮影:貝塚純一カメラマン)・・・

「からかみ」とは、
襖(ふすま)や屏風(びょうぶ)などに使用される
手漉き和紙に美しい装飾を施した装飾和紙のことで
工芸品として位置づけられています。
和紙(日本の手漉き和紙技術)が
ユネスコの無形文化遺産になり、
新たに和紙への関心も高まっていますが、
「からかみ」のことを知らない方も多くいらっしゃいます。
『つなぐ通信』の誌面だけでは伝えきれなかった
「江戸からかみ」のことをお伝えします。

DSC_0120

東京松屋さんのある稲荷町界隈は、
通称「浅草仏壇通り」と呼ばれ、
浅草通りをはさみ、仏壇に陽が当たり漆器が
痛まないようにと、
陽の当たらない北向きに仏壇や仏具店が軒を連ねます。
江戸時代の明暦3年(1657)の大火の後、
幕府により江戸の中心地にあった寺院群が移転して、
田原町駅から稲荷町駅、上野駅までの一角に新しい寺町を形成し、
仏具を作る職人や寺に和紙を納める商人が集まりました。

DSC_0089
・・・左の日陰側に仏壇・仏具店が軒を並べる。右側手前が東京松屋の建物・・・

東京松屋さんは地本問屋(じほんとんや)(※大衆本の問屋)
として創業し、その後和紙問屋となりました。
幕末から明治にかけては、経師屋(きょうじや)や
表具師(ひょうぐし)が使う紙類を中心に、
襖紙、障子紙、掛け軸の表装用の金襴(きんらん)などの
裂地(きれじ)、引手(ひきて)、錺(かざ)り金物の
専門店として、また「江戸からかみ」の版元として栄えました。

DSC_0134
・・・1860年代の東京松屋の営業品目の引き札(広告ちらし)・・・

DSC_0135 2
・・・明治22年(1889)の東京紙商の番付表。東京松屋の名が左上にある・・・

「からかみ」は「唐紙」と書きます。
その字のごとく中国から伝来したもので、
模様のある「紋唐紙」を手本とし、
平安時代にはすでに国産化されていたといいます。
書道などで用いる「唐紙(とうし)」と区別するために、
襖業界などでは「からかみ」と、
多くはひらがな表記されています。

「からかみ」のルーツは2つあります。
ひとつは「国宝平家納教」に代表されるもので、
金銀箔砂子(きんぎんはくすなご)の技法で装飾した、
仏教の「装飾教典」です。
もうひとつは、和歌などを書いた紙(料紙:りょうし)を
木版などの技法で装飾する「装飾料紙」の世界です。
これらが後に襖や屏風、壁面や天井面の
室内空間を豊かに彩る「襖からかみ」へと
発展していくのです。

DSC_0109
DSC_0110
・・・料紙装飾の最高峰とされる「国宝本願寺三十六人家集」を
複製したもの。料紙にしたためられた平安貴族の雅な世界が
香ってくる・・・

京都から発生し、千年余りの歴史をもつ「からかみ」は、
江戸でさらに発達しました。
江戸幕府開設後、江戸城や諸大名の屋敷をはじめ、
町人の住居などで「からかみ」の需要が拡大。
のちに「江戸からかみ」と呼ばれ、加飾技法や柄行きも
「京からかみ」とは違う多彩な展開をしていきました。
「江戸からかみ」の加飾技法は専門職化し、
互いに技を競い協力し、たくさんの文様が生まれ
江戸の家々を美しく飾ったのです。
加飾技法は次ぎの3つに大別できます。

(1)「唐紙師(からかみし)」が和紙に
版木の文様を写しとる「木版手摺り」。
「からかみ」の代表的な技法で、
版木に「雲母(きら)」や「胡粉(ごふん)」などの
絵の具をつけて和紙をのせ、
手のひらで模様を写し取ります。

DSC_0118
DSC_0126
DSC_0127
・・・江戸時代の版木。バレンなどを使わず手のひらで
模様を写し取るため、一般の版画用版木よりも深く彫っている・・・

DSC_0119
DSC_0099
・・・公家風の文様が多い「京からかみ」に対し、
「江戸からかみ」の柄は、蔦、萩、百花、縞など
絵型が大きくおおらかになっていくのが特徴・・・

DSC_0103 2
・・・「胡粉(ごふん)」を用いた木版手摺。
胡粉は、ハマグリ、カキなどの貝殻から作られる顔料・・・

DSC_0102
DSC_0112
・・・「雲母(きら)」を引いた手揉み紙や、地模様に用いた襖。
「きら」は、雲母(うんも)を粉末にしたもので、
独特の光沢と白さがあり、上品に光を反射させる・・・

DSC_0113
DSC_0115
・・・江戸時代の版木を用いた襖。
当時の版木は小さく小判の紙12枚で1枚の襖となるため、
かなり技術を要する・・・

(2)「更紗師(さらさし)」が模様をくり抜いて
伊勢型紙(柿渋を塗った渋紙)を使って
刷毛で絵の具を摺り込む「型摺り」。
火事の多かった江戸で、持って逃げられる
薄く丈夫な型紙として独自に開発された。

DSC_0128
DSC_0129
・・・絵の具を摺り込むため、厚く盛った立体的な柄ができる・・・

(3)「砂子師(すなごし)」が金銀箔を押したり
砂竹筒に箔を入れて散らす「砂子蒔き」。
偶然の生み出す美を計算しながら華やかな効果を生み出す。
「木版手摺り」や「型摺り」のあとに砂子蒔きをするなど、
3つの技法は様々な組み合わせが行われる。

DSC_0023
DSC_0028
DSC_0033
・・・砂子師の秋田秀男さん。襖には発色がよく
吸水性の高い越前和紙が最適とされる・・・

DSC_0013
DSC_0024
DSC_0010
・・・網を張った竹筒に金銀箔を入れてしごきながら
すばやく砂子蒔きをする。技術は難しくないが、
表現は奥が深く難しいという・・・

DSC_0153
DSC_0151
DSC_0160
DSC_0162
・・・金銀箔を押したり砂子を蒔いた屏風。
「からかみ」の屏風はちょうつがいがなく、
和紙でつながっている・・・

「江戸からかみ」は、江戸時代から何度も火事にあったり
関東大震災や東京空襲で多くの版木が焼けて
摺ることができなくなってしまいました。
そのため版元が「江戸からかみ」部門から手を引くなど
ほとんどの版元が生産を中止してしまったのです。
また、戦後は、安い大量生産の襖紙が求められたため
手漉き和紙に手摺りの装飾を施した「江戸からかみ」が
制作されなくなり、約40年間途絶えた時期がありました。

DSC_0131
DSC_0133
・・・愛知の蔵に預けていたため震災や戦火を逃れた
江戸時代の版木。その後東京の資料館に寄贈され
埃をかぶっていた約250枚を発見した・・・

DSC_0147
DSC_0149
DSC_0148
・・・江戸時代の版木で刷り上げた「江戸からかみ」・・・

それを復活させたのが、東京松屋の18代目の
松屋利兵衛氏でした。
偶然にも、江戸時代の版木や戦後彫り直されていた版木が
たくさん発見され、利兵衛氏は唐紙師さんと力を合わせ
1枚ずつ摺り、念願の見本帖を平成4年(1992)に完成させました。
11軒の職人衆と「江戸からかみ協同組合」を発足させ、
「江戸からかみ」の文化をつないだのです。
この話は『つなぐ通信』Vol.9でぜひご覧ください。

DSC_0093
DSC_0097
DSC_0092
・・・昭和54年(1979)に構想し、平成4年(1992)に
完成した見本帖『「彩」いろどり』・・・

この見本帖は、伝統工芸和紙・伝統工芸襖地の
集大成見本帖として、14年の歳月をかけ編集されました。
あとがきには
「このささやかな第一期の本集を、
千数百年にわたり日本の美しい和紙の制作に従事された、
あまたの職人衆に、捧げます。
そして、多くの若い人々の力により、
明日に向かって和紙の美しいせせらぎが、
より美しく豊かに展らかれますことを、
心から希っています。
平成四年四月十二日 伴 充弘」
と、美しい言葉で綴られていました。

DSC_0085
・・・利兵衛氏の娘婿である建築家の
河野有悟氏によって設計された社屋。
5階〜12階は賃貸マンション。
全部屋に障子を入れ、壁には和紙を貼っている。
襖のある部屋もあり、破れたら貼り替えをして
くれるのだという・・・

DSC_0166
DSC_0117
・・・ショールームの壁や天井には
和紙が貼られている。ビニールクロスとは違い、
和紙は木の皮の繊維なので呼吸をしている。
湿気のある時は水分を吸収し、乾燥している時は
水分を出すとってもエコな素材だという・・・

DSC_0167
・・・吹き抜け部分の柱にも和紙が貼られている。
美しくエコな素材で、住む人にとっても理にかなった
和紙の良さをもっとたくさんの方に
知っていただきたいと話される商品企画室の
河野綾子さん。18代目利兵衛氏の実娘・・・

_1520409-dummy
・・・障子紙の最高峰とされる本美濃紙に雲母摺りで
青海波を施したもの。光を通すと実に美しい。
2015年5月に開催されるミラノ万博の日本館で使用される
(撮影:貝塚純一カメラマン)・・・

18代目利兵衛氏が30年の年月を費やして復活させた
「江戸からかみ」は、海外からも注目されはじめ、
現代の生活空間にもモダンな室内装飾として
そしてエコな室内装飾素材として
提案され始めています。
かつて襖や屏風、壁面や天井面の和室空間を
豊かに彩ってきたように、
月明かりや薄明かりで淡く光る
「江戸からかみ」の生活文化が見直される日も
そう遠くはないような気がします。

【文・写真:成田典子】

カテゴリ:取材秘話・裏話の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ