つなぐ通信:大切なものをつなぐOG Wellnessのカルチャーマガジン

カテゴリ:お知らせ

2018新年おめでとうございます

投稿日: 2018/01/01

新年おめでとうございます。

『つなぐ通信』は本年より5年目に突入します。
ここまで支えてくださった皆様に
心から感謝申し上げるとともに
これからも「つなぐ」という使命をもって、
進んでまいります。
Vol.17では「日本の食文化」を取り上げました。
生活の中で失われつつある「日本の食文化」が
リアルな“世界遺産”にならないように
本年も皆様とともに、
いいものをつないでいきます。
幸多き1年でありますように。

2018年元旦
『つなぐ通信』スタッフ一同

ページの先頭へ

「町工場の匠を世界に売る男たち」のトークイベント開催します!

投稿日: 2016/03/16

『つなぐ通信』初めてのイベントのお知らせです!
(facebookイベントページもご覧ください)

facebook扉ビジュアル

「成田さん、トークイベントやりませんか!」
取材&撮影が終わったばかりの
(有)エニシングの西村和弘さんの
その一言から今回のイベント企画が始まりました。

3月15日発行のVOL.13(春号)の特集では、
「俺たちの使命〜世界に町工場の匠を売る男たち〜」
をテーマに3人の経営者を取材しました。
http://tsunagu-t.com/

P1900989-dummy_MG_5089
・・・エニシングの西村和弘さんと帆前掛け・・・

P1930506-dummy_MG_5134
・・・伊藤バインダリーの伊藤雅樹さんと「ドローイングバッド」・・・

高い技術があっても、市場の需要がなくなってしまい
廃業を余儀なくされている町工場も増えています。
いいモノを「つくる力」はあるが、
需要がないので、仕事がない。
だから後継者もいない・・・。
モノを「つくる力」はあるが、「企画力」がない。
自社製品を作ったが、「売る力」がない。

モノを「つくる力」はありますが
モノが溢れている時代では、
モノを売っていくことがとても難しくなっています。
新たに「需要を生み出す」ことが重要なのです。

需要を生み出す「売る力」とは何か。

今回『つなぐ通信』で取材した
(有)エニシングの西村和弘氏さん、
(株)伊藤バインダリーの伊藤雅樹さんは、
優れた町工場の技術を生かし、企画をして製品化。
新しい需要を生み出し、世界に向けたビジネスで
実績をあげている方たちです。

P1910073-dummy
・・・ショールームに展開されている帆前掛け・・・

P1900678-dummy
・・・エニシングの社員が職人見習いで
派遣されている豊橋の帆前掛けの工場・・・

P1930415-dummy
・・・南青山のショップで展開されている
「ドローイングバッド」と「メモブロック」・・・

P1930641-dummy
・・・熟練の職人さんが1冊ずつ手づくりする
「メモブロック」・・・

墨田区にもご縁のある
2人の若手経営者のトークイベントを
国際ファッションセンター」さんが
賛同してくださり、『つなぐ通信』と共催で
行うことになりました。
紙面では伝えられなかったビジネスノウハウや
本音をざっくばらんに語っていただきます。
「売る力」のヒントが必ず得られるはずです。

トークイベント終了後は親睦会も企画しました。
「飲みニケーション」は“墨田の文化”でもあり
絆を深める上でとても大切です!

ぜひご参加ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【開催日時】
4月20日(水)/18:30〜20:00

【会場】
東京都立産業技術研究センター墨田支所セミナー室
(国際ファッションセンタービル12F)
http://www.kfc-fashion.jp/aboutus/access

【主催】
国際ファッションセンター(株)
つなぐ通信

【テーマ】
世界に町工場の匠を売る男たちが語る
「売る力」とは。

【参加費】
1,000円 ※当日は『つなぐ通信』配布

【定員】
60名

【親睦会】
20:30〜22:00・ 定員:30名
・ 参加費:3,000円(軽食+飲み放題込み)
・ 場所:両国テラス
http://www.ryogokuterrace.jp/

<お申し込み方法>
●お申し込みは下記メールフォームにてお願いします。
http://tsunagu-t.com/pc/eventform/

●定員になり次第締め切らせていただきます。
●参加費は当日会場でのお支払いとなります。

【バネラープロフィール】
■(有)エニシング
代表取締役社長 西村和弘(にしむらかずひろ)
1973年生まれ・広島県広島市出身。
中央大学在学中に1年間アメリカ留学。
卒業後に江崎グリコ(株)を経て2000年に独立。
「人と人との縁(えにし)が続く(ing)ことで、
役に立つ仕事をしたい」と、
「縁+ing=エニシング」と命名
。漢字Tシャツの企画販売後、帆前掛けを手掛け、
豊橋でモノづくりの現場にも深く関わっていく。
和の心、日本のモノづくりを世界に発信し、
次の世代へつなげることを使命とし活動している。
小売店への販売、ネット販売、イベントや展示会、
講演や大学等の講師などを通じて、
日本が誇る前掛け文化を海外にも積極的に発信している。
墨田区と国際ファッションセンターが行っている
創業支援の施設「KFCクリエイティブスタジオ」の第2期生。
10歳・6歳・2歳の息子がいる愛妻家。
http://www.anything.ne.jp/

■(株)伊藤バインダリー
代表取締役社長 伊藤雅樹(いとうまさき)
1973年生まれ・東京都墨田区出身。
印刷会社の営業を経て27歳で稼業の製本会社に入る。
デジタル化により印刷の需要が減るようになったため、
墨田区や東京都などの様々な助成金や
支援活動を利用しながら自社製品の開発に取り組む。
2008年頃から墨田区の「ものづくりコラボレーション事業」
を活用し、「典型プロジェクト」とタッグを組んだ
「ドローイングパッド」「メモブロック」がヒット。
2010年グッドデザイン賞受賞。
メゾン・エ・オブジェなど国際的な海外の展覧会にも出展。
一般的なドローイング帳やメモ帳に比べると
かなり高額ではあるが、描きやすさと付加価値の魅力で、
世界の建築家やクリエーターから高い支持を受けている。
関 満博氏を塾長に、中小企業の2世、3世など
次世代を担う若手人育成を行っている
「フロンティアすみだ塾」の第4期生。
小学4年生長男・2年生長女の父。
http://www.ito-bindery.co.jp/



【文:成田典子/写真:貝塚純一】

ページの先頭へ

2016新年おめでとうございます

投稿日: 2016/01/01

2016新年

新年おめでとうございます。

『つなぐ通信』はVol.12でまる3年、
ひとつの目標をクリアできました。
ここまで支えてくださった皆様に
心より御礼を申し上げます。
取材して気づくのは、
日本には神社が実に多く
地域の暮らしの心の拠り所に
なっていることです。
諏訪取材でもたくさんの神社や祠に
お参りをしてきました。
本年もみなさまとともに、
いいものをつないでいきます。
幸多き1年でありますように。

2016年元旦
『つなぐ通信』スタッフ一同

ページの先頭へ

2015新年おめでとうございます。

投稿日: 2015/01/01

2015年賀状

新年おめでとうございます。

『つなぐ通信』Vol.8冬号では初めての地方特集が実現。
「日本固有の文化は地域にありき」を実感しました。
また『日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014』では
たくさんの応援ありがとうございました。
「ライフスタイルコンテンツ部門」で優秀賞
「読者投票部門」で3位をいただきました。
本年もみなさまとともに、いいものをつないでいきます。
幸多き1年でありますように。

2015年元旦
『つなぐ通信』スタッフ一同

ページの先頭へ

2014新年おめでとうございます。

投稿日: 2014/01/01

スクリーンショット(2014-01-01 0.15.09)

新年おめでとうございます。

2013年、春に創刊された『つなぐ通信』も冬号で4号目。
嬉しいことに『日本フリーペーパー大賞2013』では
「新創刊部門」で最優秀賞、
「読者投票部門」で4位をいただきました。
これもひとえにみなさまのご支持と応援の賜物と
感謝しております。
これからも「いいものをつないでいく」タネを
蒔き続けていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
『つなぐ通信』スタッフ一同
 

ページの先頭へ

最近の投稿

アーカイブ

ブログの最新へ